ロードバイクの買取ノウハウ

中古のロードバイクをとにかく高く売りたい!ということであれば、間違いなくオークションなどの個人売買が有利です。特にヤフーオークションなど沢山の人に見られるインターネットオークションであれば「売りたい」と「買いたい」が上手くマッチングすることがありますので、自転車の買取店やリサイクルショップで売るよりも幾分高く売れることでしょう。

オークションなど、個人売買を行う上で怖いのがトラブルです。買取店などの専門業者を通した場合と異なり、個人間で直接やり取りを行うため様々なトラブルが発生しているようです。自転車についてはまだ事例が少ないのでここでご紹介するのは控えますが、やや高価な耐久消費財という点で、例えばバイクの個人売買に焦点を当ててみると、Q&Aサイトなどで様々なトラブル事例を見つけることができます。

多くは、オークションで購入したが当初は分からなかった瑕疵が見つかり、その後の返金交渉でトラブルになるというものです。「ノークレーム・ノーリターン」としたところで、記載されていなかった瑕疵については免責にならないようなので、トラブルが長引いて疲弊してしまうこともあるようです。

オークションなどの個人売買を除いて自転車を高く売るには、委託販売という方法があります。売る金額を自分で決めることができるため、思いの他安くなってしまった、というようなことはありません(ただ売れないだけです)。委託販売は店によってそれぞれのシステムがありますので、そのルール上での取引になります。販売後の瑕疵についてもそのお店との取り決めとなります。委託販売サービスを行っている業者でネットで探せるものはそう多くないですが、もしかすると地元のプロショップでも取り扱ってくれるかもしれませんので、一度相談してみると良いでしょう。

特にロードバイクの買取でお勧めできるのが、自転車買取店での買取です。オークションほど高く売れることは無いかもしれませんが、買取成約までの時間は短くて済みますし、一度業者が間に入るため、販売後の瑕疵についてトラブルになることがありません。インターネットでも沢山の自転車買取店が見つかりますので、検索してみると良いでしょう。

買取店を選ぶ際に参考にしたいのが、その業者が自転車だけを専門に扱っているか、それ以外の商品も扱っているかという部分です。自転車以外のものも多く扱っているところは、もともとはリサイクルショップであることが多く、自転車の専門店と比べて、査定の知識に差があると考えられます。最近は自転車買取専門店も増えてきていますので、安心できる良い業者と取引できるようにしたいですね。