価格帯別ロードバイク買取のツボ

スポーツ自転車の流行によって何かと話題のロードバイクですが、一般に「ロードバイク」と呼ばれる中にもおよそ3つの価格帯別の種類があります。その3つが「エントリーモデル(初心者用)」「中級者用モデル」「ハイエンドモデル」です。メーカー(ブランド)によっても異なりますが、それぞれ、エントリーモデルが10万円以下。中級者用が10万円~25万円、ハイエンドモデルが25万円~70万円程度というところが共通の認識でしょうか?
これら価格帯の違いによって適している買取方法が異なります。
それではどのように異なるのか、タイプ別に見てみましょう。

タイプ別ロードバイクの買取方法

エントリーモデル

まず、エントリーモデルですが、こちらは初めてロードバイクに乗る人や、複数台を所有している人が少しラフに乗るために利用していることが多いようです。価格を抑えるために、フレームはアルミ素材を中心ですが、乗り心地などを考慮してフォークだけカーボン素材を使ったものなど、それぞれのメーカーが工夫をして安くて良い自転車を製造しています。求め易い価格であることから、台数も多く出ており中古品も多く流通しています。
元々の値段が安く、また新品においてもショップの割引が大きく入ることがあり、中古品はあまり高く売ることができません。そのため必然的に買取価格も抑えられたものになり、買取ショップでもあまり高く買い取ってもらうことができません。同様にオークションに出品しても値段が付き難い傾向にあります。知り合いなどにロードバイクを始めたいと言う人が居ればショップの買取価格と中古品の販売価格の間を取った金額でお譲りするなど、直接個人売買を行うのが良いかもしれません。

高く売れる!中級車用モデル(ミドルレンジ)

中古自転車の買取店での買い取りに最も向いているのは、中級者用のモデルです。
エントリーモデルよりも弾数が少ないですが、中古自転車市場ではエントリーモデルと同等もしくは少しだけ高い値段で取引がされていて、エントリーモデルからグレードアップしたい人や、最初からミドルクラスで自転車を始めたいと考える人からの人気を博しています。そのため、在庫リスクが少なく買取店も特に力を入れて買取を行っているクラスと言えます。またハイエンドのものより、買取に掛かるリスク(購入後にクラックなどが見つかって損害が出ることなど)が少ないことも買取店に有利なところでしょう。
このクラスの自転車は、オークションや個人取引でも高く売買される傾向があります。しかし、自転車はあくまで車両ですので、走行中に不具合が発生して怪我をした場合などに、売り手が不具合をきちんと報告していたか、整備をしていたかと責任が及ぶことがあるかもしれませんので気をつけてください。

扱いが難しいハイエンドモデル

さて最後にハイエンドモデルですが、これらは非常に扱いが難しいクラスです。一般の人には高すぎて手が届かないこともあり、一見すると中古品でも高く売買されそうな気がしますが、高いだけあって購入者も慎重になりますので不良在庫化してしまうことがあります。買取店ではそのリスクを加味して買取を行うために元々の価格からの割合で計算するとミドルクラスよりも安くなってしまうことがあるようです。在庫リスク抱えなくても済む、委託販売のようなサービスを利用したり、紹介を使って売却をするのが良いかもしれません。